サンパティ プロフィール

クリスタルヒーリング:トランスミッション・オブ・ライト~スピリチュアルストーンからの癒し~




トリニティHPはコチラから

Article


ドイツに生まれる。1987年~2002年末インドに滞在、光明を得たマスター和尚のもとで瞑想の年月を過ごす。彼がボディを離れた後94年から、深い瞑想の中で、覚醒のクリスタルフィールドの波動を受け取り始める。

99年よりトランスミション・オブ・ライトをシェアするワークショップがドイツを中心に始まる。2001年初来日。日本で初めてグループワークを行う。

以降数度にわたり来日し、ワークショップ、トレーニングを行う。
彼女の深い瞑想性、ソフトなハート、探求者としての真摯さは、日本人のハ-トに大きな感動を起こし続けている。 

覚醒のフィールドの完成以降も、肉体の癒しのためのヒーリング・サークルを受け取り、2007年には、地球の癒しのと再生の為のアース・ガーディアン・サークルを受け取るなど、彼女を通してやってくクリスタルフィ-ルドは、拡大と深化を続けている。現在はドイツ、ナスタッテンに在住。

サンパティのHP http://tol44.wordpress.com/

日本でのワーク

2001年…“覚醒のフィールド”トレーニングin 女神山など
2002年…“覚醒のフィールド”ワークショップin 八ヶ岳、東京など
2003年…“覚醒のフィールド”トレーニングin 妙高  女神山 名古屋 東京など
2004年…“覚醒のフィールド”“ヒーリングサークル”トレーニングin 名古屋 東京 女神山など
2005年…“覚醒のフィールド”“ヒーリングサークル”トレーニングin 東京 女神山 名古屋
2006年…“覚醒のフィールド”“ヒーリングサークル”トレーニングin 東京 妙高 女神山など
2007年…“覚醒のフィールド”トレーニングin 東京 女神山
2010年…“アースガーディアンサークル”トレーニングin 愛知 阿蘇 福岡など

192_0_0_images_stories_31215_1188036159313_1780602678_351232_7608272_n.jpg
1047132_1011732580_118large.jpg

トランスミッション・オブ・ライトが誕生したプロセス

サンパティは、1957年5月2日に生まれ、そしてごくありふれた幼少期、学生時代を過ごした。
しかし、幼少の頃から生に対して “これが全てではありえない”と感じていた。
彼女の子供時代のお気に入りの遊びは、自然の中で静かに座り “ただ見つめ”周りの全てに光を見ることだった。

成長するにつれ、彼女はいわゆる普通に過ごす一般的な生活の中には、真の生(ライフ)・真の世界の意味が欠けていると強く感じるようになった。そして彼女の探求は強くなっていった。

1982年 彼女は、インドの神秘家Oshoの弟子になった。
これは、彼女の人生における転機だった。
というのは、彼女は、今や生の意義とより深い意味を体験しはじめたからだ。
彼女は定期的に瞑想をするようになり、存在の至福の状態に気づくようになった。

1987年 彼女は愛するマスター(Osho)と永遠にともに居るためにインドに行った。
彼女は、Oshoのアシュラム(瞑想道場)で長い年月、様々な領域―キッチンワーカー 清掃 リサーチャー、レセプショニスト、守衛、ガーデナー等―で働いた。
ガーデニングをしている間、彼女は周りの全てにおいて生と光を見出し始めた。

1990年、彼女のマスター(Osho)が肉体を離れた。
その時サンパティは、光を見出し、光を体験することなしには生きることができないと痛感した。
今や、覚醒の波動は彼女のマスターの肉体にもう存在しておらず、それ故、彼女は彼女自身の存在の中をもっと深く見つめなければならなかった。彼女はとても枯渇し、永遠に存在する真の光を見出さなければ生き続けられないと感じた。
絶望的な光への渇望の中で、“OSHOの体の代わりに、道を歩くことができる何かを与えてください”という祈りとともに、彼女は一人でリトリート(瞑想生活)に入った。
そして1994年、彼女にトランスミッション・オブ・ライト(光の伝達)の波動が降り始めてきた。
2・3年の間に、覚醒のフィールドの波動が、一つ一つ彼女の意識に現れた。
そしてある日、彼女自身驚くべき事に、これらのすばらしい満ち足りた存在の波動が、クリスタルに蓄えられることを発見した。
今彼女は、Oshoの肉体とは別に、もう一つの光の体 “覚醒のフィールド”を受け取ったのだった。

それは、彼女が瞑想の中で飲むことができる甘い蜜のようだった。
ちょうど彼女が、マスターOshoの存在を味わっていた時のように。
当時、サンパティは、この光の伝達が彼女自身だけでなく、他の人にとっても助けになるかどうか全く思ってもみなかった。
そしてそれが、他の人達のためにもなるという理解は、彼女が友人達にシェアを始めた時に、初めてやってきた。

Osho の次の言葉、
“言葉は助けにならない。あなたは人々に味わいを与えなければならない。”
は、その時彼女にとても深い意味を持った。

1998年 サンパティは、ヨーロッパ、日本、インドにてセミナーを始める。
2001年  新しいエネルギーフィールド ヒーリングサークルが誕生する。
2002年  ドイツに移動
2007年 第3の新しいエネルギーフィールド  アースガーディアンサークルが誕生する。
サンパティは、いまだ光なしでは生きることができない。
彼女は完全に光の中に消えいるまで彼女の旅が終わらないと理解する(いう)。
彼女は、トランスミッション・オブ・ライトを探求者の仲間に提供している。

旅自身がすばらしい。

サンパティは、世界中で引き続きセミナーをし、
そしていま、トランスミッション・オブ・ライトの本を執筆中である。
2001年以来数度にわたり、来日。

深い瞑想性とソフトで純粋な人柄が、多くの探求者をひきつけ、セミナーには毎回多くの参加者が日本全土から集まって来る。

サンパティインタビュー