トランスミッションオブライト

クリスタルヒーリング:トランスミッション・オブ・ライト~スピリチュアルストーンからの癒し~




トリニティHPはコチラから

Report

「ある特定の波動を降ろしてきて、それをクリスタル、オイル、ティンクチャー(水溶液)など、波動を運ぶことのできる媒介に入れる」ことを意味するエナジャイズ
トランスミッション・オブ・ライトは、創始者サンパティがエナジャイズしたクリスタルやオイル等を使って、宇宙からの様々な波動を取り入れます。

クリスタルヒーリング



トランスミション・オブ・ライト(TOL) は、内側への 私たちの眠っている愛と覚醒のチャネルを開く方法です。
TOLのクリスタルフィールドは、1994年以来、サンパティが深い瞑想と祈り、存在への呼びかけの中で受け取った波動を、それぞれひとつずつのクリスタルにおさめたものです。

トランスミッション・オブ・ライトは、ちょうど火の点いたロウソクから火の点いていないロウソクに光をともすようなことです。

クリスタルの内に貯蔵された光を受け取ることで、私たち自身の消えかかっていた内なるロウソクに再び火が点されます。

光の波動を受け取る為のいくつかの方法があります。

セッションでは、クリスタルに込められた波動を身体に流すために、ライト(光)を当てるライト・トランスミッションを行います。
また、身体における光の目覚めを安定させる為にエッセンス(レメディ)と波動のエナジャイズされたオイルを使ったマッサージを使います。詳細はこちら

私達の癒しと意識の成長のために、エネルギーに、そしてエネルギーを私達の肉体とマインドと意識にトランスミット(伝達)するワークがトランスミッション・オブ・ライトです。

2001年、このワークは、日本に初めて紹介されました。その感動の波紋は、少しずつ日本で、そして世界で大きく拡がりつつあります。




20110422 153.jpgトランスミション・オブ・ライト(TOL)は、どんな道からやってきた人にもオープンに開いています。それは、どんな特定の信仰や教えも伝えません。

全ての覚醒した存在は、過去、現在、未来、スーフィー、禅、タオイスト、ハシッド、クリスチャン、チベット、ヒンズー、あるいはどんな特定の道に属さないマスター達も、(彼らがまったく異なっていても)一つの驚くべきリアリティー:彼らの振動、波動において共通しています。

この波動は、彼らの存在から輝きます。感じ易く受容的な人は誰であれ、それを受け、その輝きによって満たされるのです。
この光の波動は、私たちの生を、私たちが誰かという認識を、そして私たちの可能性を変えることができます。

私たちは、私たちのすばらしい潜在的可能性を見いだし始めます。

トランスミッション・オブ・ライト(TOL)は、私たちに光の波動を経験させ、私たちに本来の、しかし眠っている内側の光を再び目覚めさせます。

私たちの内なる光が目覚めたとき、私たちは私たちの生がまったく違った局面を取るをはっきりと見ることができます。

私たちは、私たちの真の存在に気づくようになり、生は祝福に変容していきます。私たちの潜在性は、現実化し、私たちの目覚めた意識と光により、そして私たちの自由意志から生を生きるという自由を得ます。

TOLの光の波動は、クリスタルやジェムストーンのペンダント、オイルとエッセンスに蓄えることができます。それらに蓄えられた波動は、呼びかけ、瞑想、マッサージやライト・トランスミッションによって受け取ることができます。

TOLの3つのエネルギーフィールド:波動のサークルは3種類あり、『覚醒のクリスタルフィールド』、『ヒーリングサークル』、『アースガーディアンサークル』と呼ばれています。

1、意識を目覚めさせるための 覚醒のフィールド
2、癒しと肉体的な健康のための ヒーリングサークル
3、環境のための アースガーディアンサークル


私たちは全ての所に光を探します。
しかし、本当に光があるところ
― 私たち自身の存在の内側 ―
を見ようとはしません。

トランスミッション オブ ライトにおいて
光の波動、バイブレイション、メッセージ
そして、光の波動からの
私たちへのギフトを経験します。


光の波動は、
私たちの内側で眠っている光を
再び目覚めさせます。


内なる光が目覚めた瞬間、暗闇は去ります。
私たちは、はっきりと見ることができるようになり
私たちの生は、全く異なった局面を迎えます。

私たちは、私たちの完全な輝きに気付くようになり
そして生は、それ自身至福に変わります。


ほんの一瞬、思い起こして下さい。
この美しい惑星地球。
人々がここを歩く。
ここを生きる。
 輝く光として…  

   Sampatti 




















2010年のトレーニングの様子はこちらから!