アースガーディアンサークル

クリスタルヒーリング:トランスミッション・オブ・ライト~スピリチュアルストーンからの癒し~




トリニティHPはコチラから

Report

アースガーディアン.jpg


このサークルは、2007年にサンパティに降りてきた、地球をリニューアル・再生させるための波動が込められたクリスタルサークルです。

地球にあらゆる問題が起きてきている今、私達の住んでいる星、この地球を愛し、守り、再生させるために、呼びかけと瞑想を通して、私たちは波動を受け取り、有機的な生命と地球の多様性のあり方に波長を合わせ、私達の意識を高くします。

そのために、まずは“愛と感謝”の波動で私達自身を満たし、自然界の生命に与えます。
そして守護神たちの助けをもって、私たちは私たちの美しい惑星をサポートする力を持つのです。

自然の健康と幸福を回復し、私たちの意識は、生のより高いところに開かれます。

私たちは、美しい青い惑星、私たちの故郷の守護神となっていくのです。


このアースガーディアンサークルは、私達が生かされている地球を危機的状況からリニューアルさせるために、
①その自然界の守護神を通してメッセージを受け取るワーク、
②その自然界と仲良くなり、生命の源である“愛と感謝”を捧げることができるように、私達自身を“愛と感謝”の波動で満たすワーク
③受け取った“愛と感謝”と未来の美しい世界のイメージを“新しい地球”のアストラル体に送るワーク
の3つと、このアースガーディアンを立てて祈ることで、土地の浄化をするワークがあります。

日本では、アースガーディアンのトレーニング前半を2010年5月に行いました。
後半は2011年秋を予定しています。
ともに、日本から地球を立て直していくエネルギーを放つために、是非ご参加ください。

2010年のトレーニングの様子はこちらから!



アースガーディアンサークルは、13の波動から成り立つ

・ニューアース(新しい惑星地球の生来の波動のエネルギーが入った青いカルサイト)
・次の波動を蓄えている11のセレナイト  
1、愛と感謝(仏陀)
2、大気の守護神  
3、森の守護神  
4、海の守護神  
5、甘い水の守護神  
6、大地、土、岩の守護神  
7、動物の王国の守護神  
8、魚と爬虫類の守護神  
9、鳥の王国の守護神  
10、昆虫と小さな生命の守護神  
11、新人類
・ニューアースの本性


earth-guardian-circle-1-medium.jpg私たちの美しい惑星地球は、苦しんでいる。
私たちは知っている
それは、私たちの無意識と貪欲だった
私たちの地球を食い物にするやり方であり
地球を生きている有機体として認識してこなかった
そのことが、苦しみをもたらした
このあまりにもすばらしく生き生きとし、輝く惑星を

私たちは知っている
あまりに多くの種が死につつあることを
私たちは知っている
大気が、破壊されたことを
私たちは知っている
水が汚染されたことを
私たちは知っている
氷が溶け出していることを
私たちは知っている
地球的な温暖化を
私たちは知っている
風を雨を地震を送っていることを
私たちから地球を自由にするために
そうすることで地球は自然に癒すことができる。

古い人々は知らなかった
私たちの美しい惑星が
生きている有機体であることを

私たち、新しい人間は、理解するようになった
私たちは生の部分であることを
そして生が完全に調和して存在していることを
私たちは私たちの場所を見出した
有機体の中で、惑星地球と呼ばれる有機体の中で

人間の無意識が私たちの惑星の危機をもたらしたように
私たちは、今、私たちの意識と愛を使い、分かち合うことを呼びかけられている
私たちのこの美しい地球が生きるため
そして長く生きるように
そして祝祭の、完全な健康と調和の、生を生きることを
全ての生きとして生きるものの

生きとし生き物とは、

丘、山、雲
川、海、大地、
動物王国、鳥の王国、海の命
そう、人間も
・ ・・・・・・
・ ・・・・・・・・・・

全てが生きることを欲している

愛する友たちよ
時は来た
私たちは成長し、私たちは理解した
そして私たちは招かれている
私たちの個人の意識を合流することを
生自身のより大きな意識に
私たちの愛する惑星地球の再生のために

愛と感謝を持って始めよう
愛と感謝の精神において
私たちを共同創造者たらしめよう
惑星地球の守護神たちの精神ともに

私たちの美しい惑星は生きることができ、生きていく
彼女は、長く生き、彼女は調和と祝祭の中で生きる
彼女は、再生する
たぶん以前よりもより大きな輝きを持って
生き物達は戻ってくる
水は、澄み、甘くなる
森は、緑に豊かになる

意識が創造する

創始者サンパティ




















2010年のトレーニングの様子はこちらから!